2023年 あけましておめでとうございます

昨年は3件の竣工写真を撮影させていただきました。どれも建築と自然が計画通り進み、素敵な雰囲気をつくらせていただけたことがとてもありがたかったです。

自然と建築を一緒に設計するというのは、暮らしが豊かになると考えているからです。豊かな暮らしのために素材を選ぶことは長命な建築につながり、それは環境に素直な建築になると考えています。環境への負荷が小さいということは、人への負荷も小さいのではないかと思うわけです。

数値化された基準も目安にしながら、それだけにとらわれることなく、素材や仕組みを新旧織り交ぜ、新しいデザイン、新しい挑戦を続けていきたいですね。その先に少しづつ新しい建築の形を生み出していけると幸せです。そして一歩先の暮らしの提案をできるよう、学びと挑戦に取り組んでいきたいと思います。

きれいに削った丸でなくても手に馴染むいびつでムラのある石のような、そんな刺激と心地よさを感じられる建築を目指したいですね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP