『清水の平屋』上棟

春の心地良い気候の中、上棟を迎えることができました。7時半ごろ施主家族を迎え、朝礼にてお清めと乾杯。

お昼ごろには屋根の形があらわれ、夕方には瓦の防水シートまで完了。棟梁の段取りのおかげでとてもスムーズに進みました。段取り八分とはいいますが、なにごとも前準備が大切です。

今回は南側の開口も開放的でいいのですが、玄関内外の土間を広めに設けているのが特徴です。西側にも面しているので西陽が強烈ですが、そこを逆に利用してこずえの揺れる影を暮らしの中に取り込みたいと考えています。玄関なので温熱的にも居住空間とは分けています。西陽のデメリットを逆にうまく利用できるのではないかという計画です。

竣工は9月。楽しみです。

関連記事一覧

  1. 福井県で設計した住宅を新築するので地鎮祭を行った
  2. 福井県で設計した住宅
  3. 福井県で設計した住宅の吉村障子とヤマニ木工のソファー
  4. 福井県で設計した平屋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP