『清水の平屋』木構造材料検査

構造に使用する材料を加工前に確認してきました。奈良の吉野杉ですが、とてもきれいな材料をそろえてくれていました。木の表情を見ながら、どこにどの木材をどの向きに使うかを1本づつ決めていきます。

ベテラン大工さんに意見を聞きながら「木配り」作業。構造を明快にすることで同じ寸法の材料でそろえることができ、その中できれいな材料から優先して見栄えのする場所に使っていきます。構造が整っていないと使う場所ごとに材料が決まってしまっているのでなかなかそうもいきません。間取りと構造を整合させるって、こういうところにも利点があるんですね。

もうすぐ上棟!楽しみです。

関連記事一覧

  1. 福井県で設計した住宅の引渡し
  2. 福井県で設計した住宅の撮影

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP