『宝永の平屋』にお邪魔しました

なにや大きな車が駐車場に停まっているのでいるのでどうしたのかなと思ったら、庭師さんが剪定の作業中でした。

このお宅は新しく作った庭とは別に、古くから残る立派な庭がありました。その庭は池泉回遊式の庭で、池の周囲には紅葉や桜、サルスベリなどの花のきれいな落葉樹、その背景に樫や杉などの常緑樹がスクリーンになっていました。彩り豊かな落葉樹はできるだけ残すように計画をしたので、暮らしながらも立派な樹々は四季を知らせてくれます。

板塀に設けた剪定作業用の出入り口も有効に活用されていて一安心。庭師さんの出入りしている風景も、季節を感じさせる風情のあるものだなと思います。

関連記事一覧

  1. 福井県で設計した店舗の地鎮祭
  2. 福井県で設計した住宅でお食事会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP