2022 あけましておめでとうございます

昨年 お世話になった皆様 本年もよろしくお願い申し上げます

そしてこれからお世話になるかもしれない皆様 よろしくお願い申し上げます

ここ福井では、年末年始は荒れるかもと言われましたが、雪が少し積もった程度でおさまったので助かりました。時折晴れ間が見える時もあり、太陽の温かさに思わずデッキで日向ぼっこを楽しみました。

昨今の住宅業界の動向はいろいろとありますが、私はこれからも自然素材で住環境を整えるという方向性は変えずに進めたいと考えています。これまで『気候風土と周辺環境にあった配置計画』『明快な木構造と平面計画』『時間と暮らしに馴染む内外装材の活用』を基本軸としてきました。これらは住宅の普遍的な価値観だと考えているからです。

そして変化していく点としては、『暮らしに合わせた間取りの考え方』『優れた素材の活用』などです。生活習慣や家族構成などの環境は変化し続けるので、その時々での間取りの最適解を理解しておく必要があると思います。また流行の色や形、素材を使うことも、暮らしを彩るという点では大きな楽しみです。

住宅には多くの要素が含まれているので、色々な方向から見てバランスをとりながら、住む人が幸せを感じられる空間を作っていきたいです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

関連記事一覧

  1. 設計課題

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP