三重県に行ってきました

設計の勉強に行った足で、三重県内を建築探訪してきました。

先ずは目的地近くにある花屋さん『こもの花苑』さんにお邪魔しました。敷地に対してシンプルな建築をダイナミックに配置していて、それだけでお店としての良い雰囲気が街に溢れています。建築はオーナーのイメージも大きく反映されたようで構想も構造も明快です。小さな多肉の寄せ植えをひとつゲット。きれいな白いワンちゃんが駐車場で愛想をくれるので遊んでましたが、地元では有名なワンちゃんなのですね。この子も絵になってました。

設計の勉強会の後は『VISON』に宿泊。自然を満喫することと、自然に足を踏み入れることのバランスの重要性を深く考えさせられました。この施設の中にあった『D&DEPARTMENT』でお買い物。このD&Deに行くたびに感じるのが、スタッフさんの意識の高さです。けっして押し付けではないのですが、しっかりとしたデザインの力のようなものをみんなが共有しているように感じます。素敵だな。

少し車を走らせて『瀧原宮』へ。参道を歩きながら心をしずめます。というか周囲の樹々がしずめてくれます。清らかなせせらぎも美しいです。自然と人の間に建築があるんだと感じます。

山をぬけて海へ出ます。『海の博物館』へ。内藤廣さん設計で有名な建物です。連続する構造が美しい意匠になっているのは見習いたいです。

せっかくだからと近くで食べた『かき太郎』という店がとてもおいしかった。お店の人もとても親切。

次は『志摩観光ホテル ザ・クラブ』へ。村野藤吾さん設計の建物を移築したようですね。立派な木構造がそのままインテリアとしても効いています。歴史があるのですが古臭さを感じさせないのが本物と言われる所以でしょうか。

安藤忠雄さんの『石水博物館』に向かうも時間切れ。外観だけ眺めてきましたが、自然の緑と対をなすような徹底した直線は美しいですね。

最後は友人おすすめのトンテキ『来来憲』を満喫して帰福。

今回も弾丸ツアーでしたが、美しい風景と建築と食べ物をたくさんいただきました。そしてなによりそれらをつないでくれた様々な地元の人に感謝です。いい人ばっかりだったなぁ。

関連記事一覧

  1. 杉本博司氏設計の施設は圧倒的な世界観
  2. 軽井沢の別荘を設定した設計課題
  3. 福井県で設計した住宅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP