下据の平屋

大野市の郊外に位置し、周囲には見晴らしを遮るものがない広大な敷地に建つ平屋の計画。
東には地域を代表する『荒島岳』をはじめ、山並がぐるりと敷地を包んでいる。

面積は広いが形状は特殊なので、無駄なく素直に暮らせる地割と配置に工夫した。

給水は地下水、積雪は2mという地域特有の風土にも配慮している。
地面から湧き出て、この地に朽ちていくような、純粋な建築の有様を試みている。

———————————————————-
所在地:福井県大野市下据町
依頼主:30代
敷地面積:1,237㎡
建物規模:199.98㎡(60.49坪)
2021年9月竣工予定

PAGE TOP