薪ストーブはじめました

そろそろ朝晩が少し寒くなってきたので、薪ストーブに火を入れました。シーズン初めは本体の焼ける匂いが少し出るので、窓を開けて焚きます。それもあって本当に寒くなる前に火を入れています。

それでも薪がパチパチと燃え出すと温かくて、とても雰囲気がいいです。もちろんその温かさもあるのでしょうが、炎がユラユラしだすと子供たちも寄ってきます。あえて照明を少なくして、その炎が揺れる様子を眺めているのもいいものです。

薪ストーブは現代の暖房器具としてはあり得ないくらい手間がかかります。まず大量の薪を1年以上も前から用意しておかなければいけません。火が着いてからも絶えず様子を見ながら薪を足していかなければなりません。すぐには暖かくなりませんし、すぐには消せません。効率化やスピードの時代の中で、薪ストーブはこの先どこまで需要があるでしょう。

それでも私は薪ストーブのある暮らしがとても楽しく、心地がいいのです。たとえ手間がかかるとしても、それに勝る不思議な魅力があるのです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP