家づくりで一番大切なこと

家を新築する時に一番大切にしていることは、敷地の状況を踏まえた配置計画です。間取りでも外観でもなく、まずは建物をどこに配置するかを考えます。

配置計画を考える際に必要なことは、周囲の環境、駐車スペース、建物(ボリューム)、庭です。

ここで周囲の環境は変えられませんし、駐車スペースも道路に接する部分に限られます。

次に私が考えるのは、建物ではなく庭です。場合によっては庭ではないこともあるので、空地といってもいいかもしれません。空地をどこにどれくらいとれるかを考えます。もちろん建物のサイズを同時に考慮しながらではありますが。そして周囲の環境や気候、方位などから一番環境が良さそうな位置に空地を決めます。その空地から広がるように居室をつなげていきます。大事なことは一番気持ち良い場所にはなにも造らないということです。

敷地の大きささえわかれば間取りを提案することも可能ですが、それでも周囲の環境を無視しては心地いい暮らしは送れないと思うのです。

住宅というのは心地よく暮らすことが目的であって、建築することが目的ではないということを忘れてはいけません。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP