眼を養い 手を練れ

宮脇檀さんの本を始めて見たのはもう20年くらい前になるでしょうか。その時の印象はとても絵がうまいなと思った覚えがあります。外観も内観も配置図でも、視点や線のタッチ、影の付け方など人物を入れてスケール感を出したり、とにかく見やすくわかりやすいなと。

宮脇さんの本はその後も時折目にすることもありましたが、ある時手にしたこの本のタイトルが衝撃的でした。

「眼を養い、手を練れ」

設計者はやっぱりここなんだなって、妙に腑に落ちた覚えがあります。

それからもこの言葉は、常に自分に言い聞かせるようにしています。ただ最近のCADの普及で、手を練るのが鉛筆ではなくマウスに変わっていっているのが、果たしてそれでいいのだろうかという疑問もありますが。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP