川遊びを通じて

夏休みに近くの川で鮎釣り教室があるというので、小学生の息子と参加してきました。釣り具メーカーで有名なgamakatsuさん主催のイベントです。近くの川といっても福井県では一番大きな一級河川の九頭竜川です。しかも主催者側代表の方の話では、鮎釣りのポイントとしては国内でも有数の聖地らしいです。いままで遊び程度でしか釣りをしたことがないので、本格的な釣り体験は私も初めてでした。

指導してくださった方も恐らくgamakatsuがスポンサーについているセミプロ的な方のようで、ポイントに着くのも早く、釣るのも1番でした。おかげさまで子供も私も釣ることができ、短い時間でしたが貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございました。

最近は大雨による増水や川遊びでの事故などもあり、川から離れていく傾向が強いように思います。たしかに一歩間違えば命を落とすこともある場所です。軽々しく遊ばせてはいけないとは思います。ただ、危険だから遠ざければそれでいいというのも違うと思うのです。川は地域からなくなることはないですし、川があるおかげで豊かな生活ができている面もあります。共存しなければいけない関係なのですから、川に興味を持ち、川の特性を知り、川の危険も理解してほしいなと思うのです。

川に限らずですが、人間はいまある環境と共棲することを忘れてはいけないと思うのです。楽しい鮎釣り教室を通して、そんなことも感じた一日でした。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP