春の訪れ

福井では雪吊りという風習があります。これは北陸地方にはよく見かける冬の風物詩で、金沢の兼六園が有名です。雪の降る地域の中でも福井は特に南に位置しているので、重く湿った雪が多く降るのが特徴です。去年は記録的な大雪だったので折れてしまった庭木も多かったのではないでしょうか。もしかすると降り過ぎて、通常なら折れるはずの枝も埋まってしまって助かったなんてこともあったかもしれません。

雪吊りの代表格と言えば松の木ですが、最近は松の木を庭に入れることも少ないように感じます。理由は維持に手間がかかるということかもしれません。それでも古くから日本でも縁の深い木ですし、これまでとは少し違う形で松のある庭をつくれるといいなと思います。造園家の荻野寿也さんがつくる庭のように、すくっと松がある庭も素敵ですね。

それにしても今年は雪が少なかったです、というかほとんど降りませんでしたね。それもあって春の訪れも早そうですね。雑木の庭はこれから芽吹いてくるとにぎやかになってくるので楽しみです。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP