手仕事

たまに通る道沿いに、以前から気になっている建物がありまして。かっこいいとかおしゃれとかという部類ではなく、斬新というか不思議というか。

素材は、いわゆるトタンという代物でしょうか。そしてこの材料の大きさと張り方と厚みがかなり特殊です。勝手な想像ではありますが、おそらく以前はお隣さんの建物がかなり迫って建っていたのでしょう。人一人が入るのがやっとの隙間だったのではないでしょうか。そこで外壁を細かく軽くしてなんとか張り進めていった。あるいは、さらにお隣さんの建物との間に隙間がなく足場も建てられないため外から外壁を張ることが出来ずに、細かい外壁を建物の中から張っていった。いずれにしてもその作業のスペースがかなり狭いために作業は困難を極め、材料はあちこちで曲げられこの様な揉み紙のような仕上がりになってしまったのではないかと。。。あくまでも想像です。

ただこの仕上がりがなんとも表情があって好きなのです。板金というと工業製品のイメージが強いですが、この仕上がりには手の跡というか温もりというか、そういう味わいを感じるのです。

この仕上げの表情を参考に、キレイな揉み板金やってみたいかも(笑)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP